マタニティウェアと授乳服|着回し上手で一石二鳥

肌に優しい素材選び

男の子

赤ちゃんは肌が敏感なため着せる服にも注意が必要です。肌に優しい子供服を選ぶようにしましょう。1歳半ころまでは赤ちゃんの成長は早くすぐにサイズオーバーしてしまいますので、あまり多くは必要ありません。

もっと見る

忙しいお母さんの味方

子供

ネットを利用して子供服を買うことができます。通販の魅力は好きな時間に買い物できることです。忙しいお母さんでも空いた時間に買い物できます。また通販では店頭より安く購入することができます。

もっと見る

大人っぽいデザイン

シャボン玉

韓国の子供服は日本で流行しています。理由は流行りを取り入れたデザインの良さです。また日本より安い価格で購入できるため多くの人が利用しています。細身のデザインが多いため、少し大きめのサイズを選ぶとよいでしょう。

もっと見る

赤ちゃんとお母さんを守る

女性

妊娠すると赤ちゃんの成長とともに身体はどんどん変わってきます。身体の変化にあわせてマタニティウェアを用意しましょう。マタニティウェアは赤ちゃんとお母さんの身体を守る大切なものです。身体を冷えから守り、服の締め付けから開放して快適な妊娠生活をサポートしてくれます。マタニティウェアは服だけではなく色々なものがあります。腹巻きやレッグウォーマーは冷え対策として利用します。

下着はマタニティウェアでも大切なアイテムです。妊娠初期は身体のサイズも特に変化は少ないのですが、つわりがあるため、下着の締め付けを不快に感じるという人は多くいます。マタニティ用の下着をつけるだけでも多少は症状も緩和されるので試してみましょう。妊娠中期頃から身体のラインはみるみる変わります。お腹もどんどん大きくなるので、それにあわせた下着が必要となります。窮屈な下着はお腹の赤ちゃんも圧迫するので、身体を締め付けないサイズを選びましょう。

マタニティウェアの使用は妊娠期間中だけのものではありません。最近は授乳服としても使えるよう授乳口のついたマタニティウェアが多くでています。たしかに、妊娠期間の短い間の為に洋服を買うのは大変です。これから生まれてくる赤ちゃんの為に準備しなければいけないものも多くあります。そのため、授乳服としても活用できるマタニティウェアはおすすめです。また、手持ちの服をマタニティ用として使用できるアジャスターも販売されています。これらを活用したり、安いファストファッションを利用したりと経済的に妊娠生活を乗り切りましょう。